36歳、妊娠中。→37歳、出産しました。

二児の母。二人目妊娠時は絨毛膜下血腫からの出血など大変な事が多かったので、記録したくブログを始めました。

妊娠7週目、絨毛膜下血腫から出血し始めて少々やばい。

7週5日で心拍確認できた、その翌日。

 
 
出血しました。
二日後、昼と夜にまた出血。
 
 
絨毛膜下血腫があるから安静にと言われていまして、その通りにしてたつもりでしたが…。
 
出血してしまったという事はもっともっと安静にする必要があったのかな?
安静って難しい。
とりあえず出血の直後からは最上級の安静態勢を取ろうと布団で横になっていました。
 
 
妊娠初期に出血はよくあると言われています。
けど私の場合はちょっと量が多い気がするし2回も出てしまったし、何より血腫があるので心配になって病院に行ってみました。
 
 
診察結果は広い意味での「切迫流産」との事で、重い物を持ったり動き過ぎないようにと言われました。
お腹の赤ちゃんは無事なようでひとまず安心。
 
ダクチラン錠」という、子宮収縮を緩和させる薬を貰って帰りました。
 
f:id:yysgt:20150814060136j:image
 
 
 
第一子を妊娠中は悪阻はあったものの出血は全然なく、悪阻が治まった後は結構アクティブに過ごせていました。
なので第二子もアクティブな妊婦生活を送るんだろうと根拠のない自信がありました…。
 
だけど切迫流産を言い渡されたからには、ガンガン動けそうな気がしてもぐっと我慢しかないです。
 
 
ちなみに第一子妊娠中の悪阻は約2ヶ月間続きましたが、今回は約1ヶ月で治まり食欲も以前程落ちませんでした。
それがちょっとした救いです。
(グレープフルーツが未だかつてない程に美味しく感じました!)
 
 
出血はその後だらだらと続いていくのですが、続きはまた次の記事で綴ります。
 

 

 

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!